ASKAへの愛を語る 5 めぐり逢い 〜 SAY YES 〜 79 ( その2 )

20:55

 

f:id:KimiyoLondon:20180519234350p:plainこんばんは f:id:KimiyoLondon:20190128035117g:plain

 

剣道のお稽古お疲れ様でしたf:id:KimiyoLondon:20180807135754g:plainf:id:KimiyoLondon:20190128035117g:plain

 

 

エントリーありがとうf:id:KimiyoLondon:20190128035117g:plain

 

 

2〜3日前からずっと、「Breath of Bless」の曲を考え続けています。

 

 

何となく、ライブ前に演奏されたあの曲かな?と思っていたけど、

 

 

ハッキリとオリンピックをテーマにした曲だと、明言されていなかったので、

 

 

イメージが具体的につかめずにいました。

 

 

そこで、曲のタイトルから なんとなく「ビーナスの誕生」の西風ゼフュロスの絵が浮かび、

 

www.artmuseum.jpn.org

 

 

ギリシャ神話を色々と調べていました。

 

 

でも、「なんとなく」のイメージでは景色が固まらず、あなたの歌を作品にしたいと思っていたけど、良いアイデアが浮かばずにいました。

 

 

でも、先ほどの追記で、「Breath of Bless~すべてのアスリートたちへ」という

 

サブタイトルがあったので、やっぱりあのオリンピックのテーマ曲だったのねf:id:KimiyoLondon:20180807135757g:plain

 

 

と、急遽、方向転換。

 

 

そして浮かんだのは、あなたの詩です。

 

 

f:id:KimiyoLondon:20180316113004p:plain

ASKAへの愛を語る 89/101 - KimiyoLondonの日記



 

『道標』ASKA

 

道標は はじめからあった気がします

いつも不安な僕らは 水平線の向こうに広がった 孔雀のような未来に憧れを感じながら 黄昏の雨に打たれていたのです

道標は はじめからあった気がします
例えば 大きな風が風車を回すのではなく
小さな風車に生まれた風が 遠い海を越えることを知った時も
やっぱり 道標は はじめからあった気がします

夢の下流で見つけた景色がありました
大きく空を突き抜けるような顔で
心の痛みを抱いてくれるような顔で
深い優しさと限りない優しさで
すべてを信じあえるような
そんな景色がありました

今、風を受け 順風満帆
ここに迷うことなし
今、風を受け 順風満帆
ここに迷うことなし

 

 

追記に、「タイタニック」のサントラに使われたスピーカーの話題があったので、

 

 

先程、西風ゼフュロスの出てくるギリシャ詩を検索したら、次の詩に出会いました

 

 http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/ancients/nishiwaki2.html  より転載

 

+O plovoV wJrai:oV` kai; ga;r lalageu:sa xelidw;n
h[dh mevmblwken, cwj cariveiV ZevfuroV`
leimw:neV d= ajnqeu:si, sesivghken de; qavlassa
kuvmasi kai; trhcei: pneuvmati brassomevnh.
ajgkuvraV ajnevloio, kai; ejkluvsaio guvaia,
nautivle, kai; plwvoiV pa:san ejfei;V ojqovnhn.
tau:q= oJ PrivhpoV ejgw;n ejpitevllomai oJ limenivtaV,
w[nqrwf=, wJV plwvoiV pa:san ejp= ejmporivhn.

  航海の好機なり。というのも、おしゃべり燕は
  すでに到来し、恵み深きゼピュロスも。
  草原は花咲き、海は沈黙した、
  大波と粗暴な気息に逆巻いていた海が。
  錨を上げよ、大綱を解け、
  船乗りよ、帆布をいっぱいにゆるめて航行せよ。
  これぞ、我 — 港の神プリエーポスの言いつけなり、
  おお、人間どもよ、ありとある交易のために航行せよ。
    (Anthologia Graeca, X-1)

 

 

西風ゼフュロスは、ギリシャ神話にとっては春から初夏にかけて吹く優しく穏やかな風なのです。

 

 

私たちの船を運ぶ風は西風ゼフュロスの春風に違いありません。

 

 

タイタニック」の沈没した原因は氷山に気づくのが遅かったから。

 

 

それに、航路はイギリスから大西洋を通ってニューヨークへ。

 

 

つまり、西風ゼフュロスとは関係ないの。

 

 

あなたの元に届いたスピーカーの会社名をググったら、Queen も使用されていたメーカーだと知りました。

 

モニター王国、英国の雄。PMC

 

タイタニックのサントラの例えではなく、大御所ミュージシャン御用達の説明の方が安心できます。

 

「験を担ぐ」あなたの新譜の試聴ならなおさら、どこまでも良いイメージにこだわりたいと思います。

 

 

 



 

つづく

 

 

22:00