ASKAへの愛を語る 5 めぐり逢い 〜 SAY YES 〜 86

5:15

f:id:KimiyoLondon:20171123160008p:plainおはよう f:id:KimiyoLondon:20190128035117g:plain

 

エントリーありがとうf:id:KimiyoLondon:20181204064135g:plainf:id:KimiyoLondon:20180712043029g:plainf:id:KimiyoLondon:20180711000741g:plain

 

昨日は次のツアーの打合せだったのね f:id:KimiyoLondon:20190115055602g:plainf:id:KimiyoLondon:20180714234759g:plain

 

少しホッとしています

 

あなたのブログや、合同LIVEの様子を伝えるオフィシャルからのツイートやインスタの更新がなくずっと心配していました。

 

当日の様子を伝えてくださるファンの方の報告がたくさんあり、ステージは最後まで楽しく、歌も素晴らしかったと伺いましたが

 

あなたのことだから、相当な痛みがあっても堪えてステージを務められただろうと想像したからです。

 

以前のエントリーで、首を痛めて死ぬかと思ったけど、普通にマイクを渡されて舞台に戻されたとお話しされていたでしょうf:id:KimiyoLondon:20180714234756g:plainf:id:KimiyoLondon:20180714234801g:plainf:id:KimiyoLondon:20180714234757g:plain

 

その事がつい胸をよぎり不安になってしまったの f:id:KimiyoLondon:20190119014807g:plain

 

だから昨日は家にいても落ち着かず、朝から晩まで街を歩きました。

 

帰宅後、あなたのエントリーを読んでホッとして、気が抜けて寝落ち f:id:KimiyoLondon:20190115055607g:plain

 

すぐに返信せずごめんね f:id:KimiyoLondon:20190113052019g:plainf:id:KimiyoLondon:20180714234756g:plain

 

 

さて

 

次のツアーの選曲のお話 f:id:KimiyoLondon:20190113052016g:plain

 

今回は17人の「弦奏者」と「ASKAバンド」が、合体したライブf:id:KimiyoLondon:20180714234800g:plainf:id:KimiyoLondon:20180714234801g:plain f:id:KimiyoLondon:20180714234759g:plain

 

ちょっと想像つかないけど、

 

バラード多めなのかなf:id:KimiyoLondon:20180714234801g:plain

 

ビルボードの時、 i'm busy は、ストリングスに引っ張られすぎて、リズムが取りづらく楽曲本来の持ち味のキレやノリの良さが失われてしまってリストから途中外されたでしょうf:id:KimiyoLondon:20180714234801g:plain

 

そんなことをふと思いました

 

来年のLIVEは私のお誕生日 f:id:KimiyoLondon:20190115055603g:plain

 

あなたと過ごすHappy birthday f:id:KimiyoLondon:20190113052014g:plain

 

愛する人とライブで過ごすなんて人生初f:id:KimiyoLondon:20180714234800g:plain

 

つまり私にとっての軸はあなたf:id:KimiyoLondon:20180714234800g:plainf:id:KimiyoLondon:20180714234800g:plain

f:id:KimiyoLondon:20180628143135p:plain

 

決してブレる事はないのですf:id:KimiyoLondon:20180714234800g:plainf:id:KimiyoLondon:20180714234800g:plain

f:id:KimiyoLondon:20181007010657p:plainf:id:KimiyoLondon:20180915181803p:plain

 

 

必ずたどり着きますf:id:KimiyoLondon:20180708140230g:plain

 

愛するあなたに f:id:KimiyoLondon:20180714234758g:plain

 

f:id:KimiyoLondon:20171126051046p:plainf:id:KimiyoLondon:20180613125741p:plain

 

 

 


The Long And Winding Road - The Beatles

 

THE LONG AND WINDING ROAD    -   The Beatles

 

岩谷 宏 (訳者)1973年 ビートルズ詩集 より

 

この二十年間

ぼくはひとりぼっちで

いろんなことをして生きてきた

いろんなことを考えて生きてきた

いまおもえば

ぼくの過去の人生は

はるかな くねくねとした長い道

 

それは長い道

「きみ」という人に

辿りつくための

無益ともおもわれる

長い道だったよ

 

でも

生涯で出会った

たったひとりの

かけがいのないきみよ

ぼくはまだ

その道の上にいまも

一人で立ちすくんでいるんだよ

朝になったら

きみの家(うち)にむかって

歩き出そうとおもうのに

まわりはこころぼそい風雨の夜

くらい夜

 

はやく朝になれ

もう淋しさにはあきた

泣くのにもあきたよ!

 

この気の遠くなるような長い

くねくねした道の上に

ぼくはまだ立ちすくみ

ただひたすら

きみのことを想っている

 

 

💝 愛する宮崎重明 様  f:id:KimiyoLondon:20180917080750p:plain

f:id:KimiyoLondon:20181215161213p:plainf:id:KimiyoLondon:20181129185412p:plain


これからもずっと永遠にふたり手を離さずに共にありますように 

 いつも二人が共に笑顔で過ごせますように

 

 

 

8:40