ASKAへの愛を語る 5 めぐり逢い 〜 SAY YES 〜 57 / 101

12:50

f:id:KimiyoLondon:20180330102904p:plainこんにちはf:id:KimiyoLondon:20190928184954g:plain

 

エントリーありがとう f:id:KimiyoLondon:20190128035117g:plain

 

昨夜は日記を書いている途中でダウンしてしまい、そのままおやすみましたf:id:KimiyoLondon:20190115055604g:plain

 

今朝は6時40分頃目覚めて、幾らか気分が良かったのでお洗濯をし、キッチンでお野菜のスープも作りました。

 

食欲もあり、今日中に回復させなきゃですf:id:KimiyoLondon:20190115055602g:plain

 

では、改めて渋谷ライブの感想です f:id:KimiyoLondon:20180714234759g:plain

 

リハーサルでは、ラッキーなことに涼席に座って見学できましたf:id:KimiyoLondon:20180714234800g:plainf:id:KimiyoLondon:20180714234800g:plainf:id:KimiyoLondon:20180714234800g:plainf:id:KimiyoLondon:20180714234800g:plainf:id:KimiyoLondon:20180714234800g:plainf:id:KimiyoLondon:20190113052014g:plain

 

最初、あなたはいなくて、演奏だけのリハだったので普段はバックに隠れている音そのものを新鮮なメロディーとして聴きなおす事ができて、感動しました。

 

映画のサントラのように、あなたの歌詞を思い浮かべながら自分自身の心に映る景色も見えたように感じましたf:id:KimiyoLondon:20180711000740g:plainf:id:KimiyoLondon:20190113052015g:plain

そして、あなたが登場して、アスリートのように徐々に本番に向けて声帯や身体を整えていく姿を間近で見守る事もでき、嬉しかったです。

 

でも、なんといっても嬉しかったのは、あなたのリハの時の服装です。

 

特にスニーカー が私の履いていたものと、色や形が似ていた事。

 

あなたはナイキでわたしはアディダスだったからメーカーは違うけれど、お揃いのようで嬉しかったのf:id:KimiyoLondon:20190926090132g:plainf:id:KimiyoLondon:20190926090128g:plain

 

途中、新曲も披露して下さって、「みんなで盛り上げてf:id:KimiyoLondon:20181204064135g:plain」との言葉通り、本番では固まらずにノリノリで一緒に口ずさめましたf:id:KimiyoLondon:20190604032020g:plainf:id:KimiyoLondon:20190926090356g:plainf:id:KimiyoLondon:20190604031949g:plain

 

「We Love Music」はフレディを彷彿とさせるような本当にみんなで大合唱になるような楽曲で一度聴いて大好きになりましたf:id:KimiyoLondon:20181204064135g:plainf:id:KimiyoLondon:20190115055602g:plainf:id:KimiyoLondon:20181204064135g:plain

 

Newアルバムが待ち遠しいな f:id:KimiyoLondon:20190128035117g:plain f:id:KimiyoLondon:20190926090322g:plain f:id:KimiyoLondon:20190128035117g:plain



見学者を最後までいじってお見送りされたり、あなたのおもてなしには本当に感謝感激でいっぱいでした。

 

本当にありがとう f:id:KimiyoLondon:20190128035117g:plain

 

そして、本番

 

C&Aの曲も沢山聴く事ができて嬉しかったf:id:KimiyoLondon:20180714234759g:plainf:id:KimiyoLondon:20190116100629g:plain f:id:KimiyoLondon:20180714234759g:plain

 

あなたのマイクくるくるパフォーマンスや、またがりポーズもf:id:KimiyoLondon:20190119014804g:plain


マイクにまたがってリズムを取るのは、若い頃の方がもっとセクシーだったかなf:id:KimiyoLondon:20190115055601g:plain

 

若い頃のあなたは背中をのけぞらせていたからですf:id:KimiyoLondon:20190926090303g:plain

 

でも、天井に向けた腕を下ろした時マイクに当たって落としてしまいヒヤッとした場面では、

 

ブルースハープもハンドマイクを握ったまま演奏されていて、流石だなぁf:id:KimiyoLondon:20180711000735g:plainf:id:KimiyoLondon:20180708140233g:plainf:id:KimiyoLondon:20180711000736g:plainf:id:KimiyoLondon:20190926090403g:plain

 

と、またまたあなたのステージングに魅せられましたf:id:KimiyoLondon:20190928184930g:plainf:id:KimiyoLondon:20190926090349g:plainf:id:KimiyoLondon:20180708140233g:plain

 

すごいねf:id:KimiyoLondon:20190116100625g:plain

 

 

すべてが最高な時間でしたf:id:KimiyoLondon:20190128035117g:plain

 

 

実は・・

 

数日前にふたりの泉から聴こえてきた曲の事、ずっと気になっていました。

 

あなたが一人でギターの弾きがたりで歌われた曲です。

 

GOOD TIME(MC)

しゃぼん

London〜38 east end road(MC)

 

一昨日ライブで聴いて、胸に響きました。

 

ひとは、心が弱くなると、寂しい方へと歩いていくのだと思えます。

 

だから

 

そうならないようにあなたと絶対に離れたくないと思えば思うほど

 

目の前の道が不確かになって見えづらくなると足がすくんで、どうしてイイのか分からなくなって時折立ち止まってしまうの。

 

あなたが好きだから

 

あなたに嫌われたくないからよ

 

 

ライブ終了後にプレゼントボックスに入れた手紙に書いたことは、わたしの気持ちだけど、

 

本当の気持ちではありません。

 

あなたに夢中になって何もかも見えなくなりそうだから、心を少しでも他所へ向けようと自制のひとつです。

 

でも、深夜のエントリー とさきほどのエントリー を読んで心を決めました

 

もう自分の気持ちに嘘をつくのはやめようと思います。

 

いつ死ぬかは誰にも分からない。

 

だったら、この世の終わりの間際まであなたと語り合っていたい。あなたの心のそばにいたい。

 

許されるなら あなたと暮らしたい

 

すれ違ってばかりいてごめんね

 

あなただけを見つめていたい。

 

わたしの本当の気持ちよ

 

これからもずっと

 

わたしから貴方へのバースデーの約束です。

 

 

ふたりの泉

 

no no darlin' / CHAGE and ASKA


ASKA im busy

 

💝 愛する宮崎重明 様  f:id:KimiyoLondon:20180917080750p:plain

f:id:KimiyoLondon:20200117154333p:plain
これからもずっと永遠にふたり手を離さずに共にありますように 

 

 いつも二人が共に笑顔で過ごせますように

 

 

 

15:55